Lifestyle

ライアン・レイノルズ、ジャレッド・レトからピート・デヴィッドソンまで。メットガラ2022のメンズファッション | GQ JAPAN


2022年のメットガラが5月2日(現地時間)、ニューヨークのメトロポリタン美術館で開催された。“金ぴか時代”(Gilded Age)と呼ばれる18世紀後半のファッションを踏まえた「Glided Glamour(金色に飾られた魅力」というテーマが、ゲストたちには与えられていた。

メンズウェアのトップランナーたちは、このテーマをどのように解釈したのだろうか?この夜、披露されたルックをいくつか紹介しよう。

ライアン・レイノルズ

Mike Coppola

妻のブレイク・ライブリーと一緒に、司会を務めたライアン・レイノルズ。ラルフ・ローレンのベルベット・スーツにホワイトタイ。

ジャレッド・レト

NMike Coppola

ジャレッド・レト(右)は、左側にいるグッチのクリエイティブ・ディレクター、アレッサンドロ・ミケーレ(左)に扮した。2人はとももちろん、グッチを着て登場。

フレデリック・ロバートソン

John Shearer



Supply hyperlink

Leave a Reply

Your email address will not be published.

close